尾張旭市 プジョー207 オイル漏れ修理  ウェイクアップ

画像
プジョー207 オイル漏れ修理

title

12か月点検でご入庫頂いた、プジョー207です。通常通り、エンジンルーム点検、ブレーキなどばらし残量、面取り、掃除、グリスアップ。していくなかで、オイル漏れ、ベルトの亀裂、フォグランプのバルブ切れ、左リアタイヤのクギ、エアー漏れ。

オイル漏れは、タペットカバーからで、そんなには漏れては無かったのですが、お客様に現状を見てもらい、作業のOKがでましたので作業開始。ベルトの亀裂、フォグランプバルブの交換、パンク修理もしていきます。

パッと見た感じ簡単だと思っていましたが、エアーダクトとカバーのネジ2本ぐらい、外しにくい部分がありスパナで、根気よく外しました。エンジンの中もものすごくきれいで、オイルメンテもしっかりやっているお車です。

パンク修理ですが、クギが刺さっていて石鹸水をかけると、ぶくぶくでした。点検の時に気が付きましたので、12か月点検をしなかったらいつかぺちゃんこになってたかもしれないです。最悪そのまま走ってタイヤもパーになっていたかもしれません。

ちょっと暗くて見にくいですが、亀裂が大きくはいっています。亀裂が入るといつ切れてもおかしくないです。切れてからだと遅いので、お客様と相談して交換しました。

車検・整備の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!